リブ付きジップジャケット(yc21-18s)

今まで山内で提案してきたタイプライター企画より、さらに上を行く打ち込み本数を入れた限界モデルの超高密度平織り生地を表地に使用し、定番ジップジャケットを春夏仕様で仕立て直しました。

通常のブルゾン丈よりも数センチ着丈を伸ばし、ボディも程よいゆとりを入れたパターンで、気取らず着まわしのきくブルゾンをイメージしています。

全てのシームにコバステッチ(端から1mm程度に入れるステッチ)を入れ、前端は私の大好きなコバ + 4mm幅のダブルステッチ仕様にしています。

シンプルな山内の洋服にとって、ステッチはとても重要なデザインの一部です。

ステッチの幅は1ミリ違うだけで全く表情が違ってきますので、コバ + 3mmではなく、コバ + 5mmでもなく、コバ + 4mmが好みです。

裾と袖口に取り付けた※山内リブのステッチと、身頃全体に入るステッチがバランス良く、完成された山内定番商品です。

 

※山内リブ
生地でリブを包み、リブの溝を一本一本テンションを保ちながらステッチで縫い合わせていきます。何百ものステッチをミシンでたたき、全てアトリエ内で一つずつ手作業で製作しているオリジナルリブ。

 

品番 / yc21-18s
色 / brown , gray navy
サイズ / 2. 3. 4.
価格 / ¥ 80,000 + tax
混率 / 表 – 綿 100% (遠州)  , 裏 – 綿 70% ポリエステル 30% , 袖裏 – キュプラ 100%