春夏物の生産中です。

こんにちは、知美です。
新作発表の前後はバタバタするため、4月に入り桜が満開になっていたことにハッとしました。

私が初めてブランドのコレクションを手伝った頃に比べたら、作り手・ショップ・他ブランド関係者などなど。
気が付いたら同業者の方に「山内」というメンズブランドがある事、どんなモノづくりをしているかなど、
驚く程に多く知っていただいていたのだという事を知りました。それもスタッフの谷くんが教えてくれた事でした。

名古屋の中心から離れた場所で、地道にコツコツとめげそうな時もやり続けてきたことが、線となり軌道となり、
プロからも高く評価していただけるようになった現在に至るまで、本当に一人一人の皆様のお力添えだと心底思っています。

本人はどうしても「外部のプロに認められなければ、本物ではない」・・・だから卸しは辛くてもブランドの成長のためにやる。
そんな教えがありました。長かった道のりも、ふと短かったように感じる時があります。
ただ、関わる方が増えた分、尊重しなければいけない事柄も自ずと増えました。歴代では成し得なかった「コレクション」と「量産」の同時進行。
少人数の中、頭の中を切り替える難しさと戦いながら、なんとか立ち向かっています。

春物の納品は今月から1便が始まり、6月に夏物が完納予定となります。

4月は出会いと別れの季節ですね。
取り巻く環境は移り行く中、目の前の「今」に注力していけるよう、我々は今日も “黒子役” に徹しています。

作 / 山内 知